メルマガバックナンバー

Mail Magazine-Backnumber

**・‥…―━━―…‥・*・・‥…―━━―…‥・*・‥…―━━―…‥・**
  S-NETメールマガジン


        2019年8月2日(金)vol.34
        発行元:S-NETウェブサイト
       
**・‥…―━━―…‥・*・・‥…―━━―…‥・*・‥…―━━―…‥・**

S-NET事務局です。
本号では、経済産業省による「Tellus利用促進実証事業」の公募についてご案内いたします。

==================================
Tellus利用促進実証事業(経済産業省)の公募開始について
===================================

経済産業省は、政府の保有する人工衛星のデータをクラウドベースの
プラットフォーム「Tellus」上にてオープン&フリーで公開し、
それらの人工衛星データとその他のデータをクラウドコンピューティングと
共に提供し、アプリケーション事業者の創出を促す事業を実施中です。
本事業ではTellusの特徴を生かし、宇宙由来のデータとその他の地上データを
組み合わせたプラットフォーム活用型アプリケーションの創出を加速するため、
以下の(1)データホルダー連携型実証事業、(2)エンドユーザー連携型
機能調査検討事業を行います。

(1) データホルダー連携型実証事業
衛星データと親和性の高い地上データを保有・収集可能なデータホルダーと連携し、
衛星データ及び準天頂衛星の高精度測位データを組み合わせた、地域の課題や
産業競争力強化に資する新たなアプリケーションを実証する。
成果物及び実証過程で収集・生成したデータは基本的にTellus上に公開し、
他のユーザーが利用可能な状態とする。

(2) エンドユーザー連携型機能調査検討事業
官庁・地方自治体等、衛星データの解析利用ニーズを有するエンドユーザーと
連携し、Tellus上に必要なツールやTellusを用いたサービスの要件定義、
実現可能性の調査検討を行う。なお、今年度の検討事業の結果、将来的にTellusの
協調領域として整備・公開する必要性が高い機能については、次年度にTellusへの
実装に向けた開発を行う可能性がある。
 サービスの例) 船舶の動静の把握、道路・鉄道の新設・寸断・延長の把握、
         原油等による海洋汚染の把握 等

公募期間 :7月31日(水)~8月30日(金)17:00まで
公募説明会:8月6日(火)16:00~17:30@日本宇宙フォーラム会議室
      (東京都千代田区神田駿河台3-2-1)

公募説明会への参加登録方法など、詳しくは下記URLをご参照ください。
http://tellus-data.space/

※本公募にかかる事務局として、一般財団法人日本宇宙フォーラム(JSF)様へ
 委託しております。

***********************************************************************
S-NET スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク ウェブサイト
http://www.uchuriyo.space/

「S-NETメールマガジン」は、衛星や宇宙全般の情報について、登録頂いた
皆さまのお手許に定期的に配信するサービスです。

☆S-NET会員の皆さまから、掲載を希望されるコンテンツを募集します
 ※頂いた内容を確認させて頂き、掲載の可否をご連絡いたします。
 
※本メールは配信専用となります。お問い合わせ等は下記までお願いいたします。

☆お問い合わせ・ご意見・ご要望は、
s-net_office@s-net.space までメールでお寄せください。

☆本メールマガジンの配信を停止したい方は下記より登録解除の手続き
をお願いいたします。
https://www.s-net.space/magazine/mail

***********************************************************************