セミナー・ワークショップ

WORKSHOP

2022

「宇宙ビジネスセミナー2022 in Tokyo」(3/18)

<概要> オンライン開催
日時:2022年3月18日(金)
   14:00~18:30
主催:内閣府宇宙開発戦略推進事務局、経済産業省
配信方法:YouTube
参加費:無料

※本セミナーは新型コロナウイルスまん延防止等重点措置延長のため「完全オンライン開催」となりました。
 オンラインでライブ配信を行いますので、ぜひご覧ください。


プログラム:http://uchuriyo.space/snet/tokyo2022/
      ※当日予告なく変更、登壇者の追加となる場合があります。

<ライブ配信について>
本イベントに関する詳細、YouTube接続先URLについてはウェブサイトをご覧ください。
http://uchuriyo.space/snet/tokyo2022/

「いばらき宇宙ビジネスセミナー2021 Vol.8」(3/8)

<概要> オンライン開催
日時:2022年3月8日(火)14:00~16:00(13:45~接続開始)
主催:茨城県、いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム
配信方法:Zoomミーティング、YouTube
参加費:無料
※参加登録方法や詳細についてはウェブサイトをご覧ください。
http://www.uchuriyo.space/iss2021/

<プログラム>
14:00 開会
14:00〜14:05 開会挨拶・参加にあたっての諸注意

14:05~14:20 講演(1)
講演者 宮﨑 康行 氏(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授)

講演タイトル「産学官連携による宇宙機開発・利用について」

講演概要
昨今の宇宙ビジネスの急成長により、企業による宇宙開発・利用はごく普通のこととなってきており、企業でできることと国や大学等でできることの区分け・役割分担がより明確になりつつあると思われます。そこで、自身の宇宙機や搭載機器の開発に関するこれまでの経験・現在の活動内容を紹介させていただき、それをもとに、これからの産・学・官の連携・共創の方向性についてお話しさせてただきます。

14:20~14:35 講演(2)
講演者 工藤 裕 氏(株式会社天の技 代表取締役)

講演タイトル 「宇宙ベンチャーが考える宇宙コングロマリット」

講演概要
株式会社天の技は、人工衛星のコンポーネント開発、及び宇宙データ活用方法の開拓と、宇宙に関するハードウェア・ソフトウェア両方に取り組んでいます。
3年の開発期間を通してようやく得られた宇宙動作実績、そして宇宙データを活用した海ゴミ調査という案件に多年度に渡って取り組んできた経験から、宇宙ベンチャーの難しさと可能性、そして今後の日本の宇宙産業の在り方ついて議論できればと思います。

14:35~14:50 質疑応答

14:50~15:30 パネルディスカッション

テーマ 「拡大する宇宙ビジネスでの産学官連携のあり方と今後の展望について」

モデレーター:神永(茨城県)
パネラー:宮崎氏・工藤氏

15:30~16:00 ネットワーキング
16:00閉会

<参加登録について>
・第1部・第2部Zoom参加(各20名程度)
・YouTube視聴のみ

※参加登録時にどちらか選択できます。
※Zoom参加の方は質疑応答、ネットワーキングに参加できます。
※YouTube視聴のみ参加の方は講演、質疑応答、パネルディスカッションを視聴できます。

「いばらき宇宙ビジネスセミナー2021 Vol.7」(2/16)

<概要> オンライン開催
日時:2022年2月16日(水)13:30~16:00(13:45~接続開始)
主催:茨城県、いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム
配信方法:Zoomミーティング、YouTube
参加費:無料
※参加登録方法や詳細についてはウェブサイトをご覧ください。
http://www.uchuriyo.space/iss2021/

<プログラム>
13:30~13:33 開会挨拶

■第1部 講演
13:33~14:05
講演者 山崎 秀人氏
さくらインターネット株式会社 事業開発本部 クロスデ―タ事業部長

講演タイトル「日本発の衛星デ―タプラットフォームTellusについて」

講演概要
Tellus(テルース)は、「宇宙アセットを民主化する」というビジョンを掲げ、衛星データを利用した新たなビジネス創出を目的とした日本発のクラウドコンピューティングを活用した衛星デ―タプラットフォームです。衛星デ―タだけでなく、複数のデータをかけ合わせ、新たなビジネス創出を促進するためのいろいろなファンクションを提供しています。2019年にバージョン1.0がリリースされ、今回は最新のTellusバージョン3.0を中心にご紹介させて頂きます。

14:05~14:30 質疑応答&ネットワーキング

■第2部 ハンズオン講座
14:30~14:45
講演者 亀井 雅敏 氏
一般財団法人リモート・センシング技術センター ソリューション事業第二部 参事

講演タイトル 「衛星データの利用事例14選」

講演概要
気候変動の監視からファッションまで、幅広い分野で利用が進んでいる衛星データ。そうとは知らずに衛星から得た情報を活用している人がいるかもしれません。本講座では、観測の原理や解析の手法など技術的な説明は省略し、どのような事業で衛星データが利用されているかをご紹介します。これら事例の中には、宇宙ビジネスの新規開拓や、既存事業の拡大・効率化のヒントが多く含まれています。

14:45-15:00 質疑応答

15:00-16:00(質疑応答込)

ハンズオン講座 「無償で使える衛星データの可視化体験」

講演概要
現在、多くの衛星データが「オープン&フリー」の方針の下で無償化されており、TellusのようにWeb上で大量のデータを扱えるデータ解析プラットフォームが用意されています。ネットに接続されたPCさえあれば、特殊なソフトウェアをインストールすることなく衛星データを可視化し、解析することができます。本講座では、衛星データ未体験の方にもわかりやすく操作方法を説明し、衛星データの魅力を体験していただきます。

※ブラウザはGoogle Chromeを推奨しています。体験希望の方はご準備ください。

16:00閉会

<参加登録について>
・第1部・第2部Zoom参加(各20名程度)
・YouTube視聴のみ

※参加登録時にどちらか選択できます。
※Zoom参加の方は質疑応答、ネットワーキングに参加できます。
※YouTube視聴のみ参加の方は講演、質疑応答、ハンズオン講座を視聴できます。

セミナー・ワークショップトップへ