S-NET事業

ACTIVITY

全国

「S-NETセミナー in 東京2021(R2年度 S-NET事業最終報告会) ~これからを見据えた宇宙ビジネスの未来とは~」(3/18)

<概要> オンライン開催
日時:2021年3月18日(木)
   13:30~17:30(13:00~接続開始) ※時間は変更になる場合があります。
主催:内閣府宇宙開発戦略推進事務局、経済産業省
配信方法:Zoomウェビナー、YouTube

プログラム:※プログラムは一部調整中となります。また、内容は予告なく変更になる場合があります。
内閣府・経済産業省の取組紹介のほか、基調講演には一般社団法人SPACETIDE 代表理事 兼 CEO 石田真康氏にご登壇いただきます。
また、S-NET宇宙ビジネス創出推進自治体による事業報告・パネルディスカッションや、インフォステラ・サグリ・天地人・Ridge-iの宇宙ベンチャー4社によるパネルディスカッションを行います。

<参加登録について>
参加登録、その他セミナーに関する詳細はこちら(http://uchuriyo.space/snet/tokyo2021/)をご覧ください。

<S-NET宇宙ビジネス創出推進自治体について>
https://s-net.space/activity/zenkoku.html

福井

ふくい宇宙産業創出研究会・S-NET公開セミナー
福井県では、今後大きな成長が期待される宇宙産業への県内企業の参入を支援するため、「ふくい宇宙産業創出研究会」において産業化への最新情報の提供や、共同研究などを行っています。このたび、衛星データを活用したビジネス創出を図る「スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)との共催で、広く県内企業に宇宙産業への関心を持っていただくためのセミナーを開催します。

◆開催日時:令和3年2月18日(木)13:30~17:00 (受付13:00~)

◆場所:福井県工業技術センター 講堂(オンライン参加も可能)

◆場所:
〇セミナー ~宇宙ベンチャー企業からの福井県の宇宙産業拠点化への期待~
   「宇宙ビジネスに関する取組」(オンライン講演)
      経済産業省 製造産業局 宇宙産業室
    「キューブ衛星が切り開く新たな宇宙産業へのチャレンジ」
      (株)アークエッジ・スペース 代表取締役社長 福代 孝良 氏
   「JAXAベンチャー SEESEのサービス戦略と福井県への期待」
      SEESE(株) 代表取締役/CEO 棚田 和玖 氏
   「衛星画像利用システムの紹介とデータ利活用推進」
      福井県民衛星技術研究組合((株)ネスティ) 山西 康介 氏
   〇ふくい宇宙産業創出研究会
    ・研究会の近況報告と今後の予定等
    ・研究会会員からの情報発信(企業活動の紹介展示)
◆参加費:無料
◆主催:ふくい宇宙産業創出研究会
◆共催:スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)


ふくい宇宙産業創出研究会・S-NET公開セミナー 概要・お申込はこちら

福岡

超小型レーダー衛星「イザナミ」打ち上げ オンライン・パブリックビューイング【日時変更】

九州大学発宇宙ベンチャーの「株式会社QPS研究所」は、世界最高レベルの性能をもつ超小型レーダー衛星の2号機「イザナミ」を、1月23日(土)にアメリカ・フロリダ州・ケープカナベラル空軍基地から打ち上げる予定です。
この人工衛星本体は、本県の中小企業17社が協力して開発、衛星を駆動させるシステムは本県発のプログラミング言語「mruby(軽量Ruby)」で開発しています。
今回の打ち上げは、言わば福岡のハード技術・ソフト技術の結晶であると言えます。
この人工衛星の打ち上げの模様を関係者や県民とともに見守り、お祝いするオンライン・パブリックビューイングを実施します。
※打ち上げの延期に伴い、開催日時を変更しました。(1月22日11時時点での情報)

<概要>
日時:2021年1月23日(土)23:10 〜24:50(予定)
配信方法:Youtubeライブ配信

※打ち上げ日時は、今回の変更後も天候やロケットの都合により急遽変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。変更については、引き続き公式HP(https://i-qps.net)のNEWS、公式twitter(@QPS_Inc)でお知らせします。

<配信URL>
日時の変更等、オンライン・パブリックビューイングに係る最新情報は、こちらをご覧ください。
https://www.robot-system.jp/support/2016

 

全国

「S-NETセミナー2021 in 愛知~躍進する宇宙ビジネス産業の最前線~」(2/10)

<概要> オンライン開催
日時:2021年2月10日(水)
   14:00~18:00(13:30~接続開始)
主催:内閣府宇宙開発戦略推進事務局、経済産業省
共催:愛知県
協力:株式会社サイエンス・クリエイト
配信方法:Zoomウェビナー、YouTube

プログラム:※予告なく変更になる場合があります。
内閣府・経済産業省・愛知県の取組紹介のほか、基調講演にはインターステラテクノロジズ株式会社代表取締役社長 稲川貴大氏から民間企業による宇宙開発の現状と今後の取組について御講演いただきます。さらに、宇宙ビジネスの実例を計9社・団体から御紹介いただきます。

<参加登録について>
参加登録、その他セミナーに関する詳細はこちら(http://uchuriyo.space/snet/aichi2021/)をご覧ください。

 

茨城

「IBARAKI Next Space Pitch」登壇者募集

茨城県では、宇宙ビジネスにチャレンジする企業・個人を支援する目的で開催するピッチコンテスト「IBARAKI Next Space Pitch」の登壇者を募集します。

このコンテストでは、宇宙ベンチャー・企業や事業者等によるピッチを、大企業において宇宙プロジェクトを推進されている方々に審査いただきます。

受賞者には、メンタリングサポートや、来年度の県支援事業での優遇措置を御用意しているほか、参加することで審査委員や登壇者、聴講者とのネットワーキングも可能です。

下記のとおり登壇者の募集を開始いたしましたので、御関心をお持ちの方は是非お申込みください。

◇「IBARAKI Next Space Pitch」実施内容
(1)日時:令和3年2月10日(水)19:00〜21:00
(2)開催方法:オンライン(Zoom)※アクセスURLは別途御連絡します。
(3)主催:茨城県、いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム
(4)プログラム
  19:00〜19:05 開会挨拶
  19:05〜19:50 ピッチ ※質疑応答を含む
  19:50〜20:10 休憩・審査
  20:10〜20:20 結果発表・コメント
  20:20〜21:00 ネットワーキング
  21:00 閉会
(5)登壇者:5社程度
(6)審査委員:
 ○原田 正行様
 (国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)新事業促進部 事業推進課長)
 ○松本 紋子様
 (ANAホールディングス(株)デジタル・デザイン・ラボ 宇宙事業化プロジェクト)
 ○出口 隆啓様
 (パナソニック(株)IS社航空宇宙プロジェクトSales&Marketingチームリーダー)
(7)聴講者:100名程度   (宇宙関連企業・ベンチャー、県内企業、大企業研究部門、投資家等)
(8)受賞者:計3社
 ㈰グランプリ(1件)
 ・令和3年度の茨城県宇宙関連事業の一次審査免除
 (令和3年第1回定例会(令和3年3月)での当該予算案の成立が必要となります)
 ・(一社)ONE Xによるメンタリングサポート
 (受賞者との協議により、令和2年度中に支援を実施)
 ㈪準グランプリ(2件)
 ・(一社)ONE Xによるメンタリングサポート
 (受賞者との協議により、令和2年度中に支援を実施)
  
◇登壇(ピッチ実施)申請要件
(1)いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム会員であること。
  ※加入要件なし、加入費無料(申請後の加入可)
(2)事業完了後の聞き取り調査や成果報告会(コンソーシアムの活動として実施予定)
  等の実施に協力すること。

◇申請期限
令和3年1月21日(木)17時

◇申請書類f
下記URL掲載の公募要領に基づき、申請書を以下の連絡先に提出してください。
○URL
https://www.pref.ibaraki.jp/sangyo/kagaku/kokusai/space-r2-growinguppitch.html
○連絡先
・E-mail:one.xxx.1922@gmail.com(@を半角に変えて御送付ください。)
・郵便:〒113-0022 東京都文京区千駄木五丁目38番16-101
 一般社団法人 ONE X

御関心をお持ちの方は、上記URLのお問合せ先又まで御連絡ください。
 

全国

S-NET事業「宇宙ビジネス創出推進自治体」の新規選定について

内閣府と経済産業省は、平成28年3月に、「宇宙」をキーワードに新産業・サービス創出に関心を持つ企業・個人・団体等の連携を促進するため、「スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)」を創設しました。
S-NET活動の一環として、地域における自律的な宇宙ビジネスの創出を加速させるため、衛星データ等を活用した宇宙ビジネスの創出を主体的・積極的に推進する自治体を「宇宙ビジネス創出推進自治体」と認定することとし、平成30年8月に、北海道、茨城県、福井県、山口県を選定しました。 
そしてこの度、新たに、2020年7月1日(水)~8月7日(金)の期間で公募を行い、審査の結果、以下の2自治体を「宇宙ビジネス創出推進自治体」に選定しました。

○福岡県
○大分県


今後、選定した自治体については、当該自治体が主体的に行う宇宙ビジネス創出のための取組を下記の支援プログラムによりサポートしていきます。

・内閣府、経済産業省または有識者等による講演(宇宙産業の現状等)の機会の提供
・衛星データに関する基礎的な知識やその扱い方等に関する講習会(Tellusを用いて、実際の衛星画像を操作するハンズオン講座)
・S-Boosterへの提案につなげる等を視野に、衛星データ等を活用したソリューションアイデアを創出するためのメソッドを学習するアイディアソン(グループワーク形式)
・宇宙ビジネスの事業化や事業推進の課題に対して専門家(宇宙ビジネス・コーディネーター)へ相談する機会の創設

なお、前回の公募で選定された、北海道、茨城県、福井県、山口県と併せ、今回採択された福岡県、大分県の6道県の取組については、本サイトでも順次お知らせいたします。
 
「宇宙ビジネス創出推進自治体」の公募について

内閣府と経済産業省は、令和2年7月1日より、衛星データ等を活用した宇宙ビジネスの創出を主体的・積極的に推進する「宇宙ビジネス創出推進自治体」の募集を開始しました。

●公募期間: 2020年7月1日(水)~8月7日(金)正午
●公募締切: 2020年8月7日(金)正午必着

公募についての詳しい情報は、こちらをご覧ください。

茨城

令和2年度いばらきSPACEグローイングアップチャレンジ事業(メンタリング)

近年注目を集める宇宙産業では、民需による新たな動きが台頭しつつある一方、ビジネスプランの構築や企業とのビジネスマッチングをより効果的に行うためには専門家による支援が必要とされています。
そのため、本事業では、宇宙ビジネスのビジネスプランの構築や、関連企業・組織とのマッチング等のメンタリング支援を希望する事業者を募集します。

具体的には、宇宙ビジネスに係る事業内容のブラッシュアップや、メンターの持つ大企業等とのネットワークを活かしたビジネスマッチングの促進、市場やマーケティング分析のサポート等といった手助けを、専門性を持つメンターと採択団体との協議により実施します。

併せて、採択団体には、県が開催する宇宙ビジネス関連のサミットやピッチコンテスト等のイベントにおいて優先的に登壇いただく機会を設けることといたしますので、御関心をお持ちの方は是非お申込みください。

◇応募対象
(1)いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム会員であること。
(2)宇宙ビジネスを行っている又は行う予定
(申請後3か月以内に事業を開始する具体的な計画があること)がある
下記のいずれにも該当すること。
 (ア)県内に活動拠点(本店、支店、営業所、研究所等)を有する企業、団体、個人であること。
 (イ)本事業終了後も、引き続き1年以上県内で事業活動を継続する予定があること。

◇申請期限
令和2年11月6日(金)

◇申請書類
ホームページ掲載
https://www.pref.ibaraki.jp/sangyo/kagaku/kokusai/space-r2-growingupmentoring.html
の公募要領に基づき、申請書を以下に提出してください。
・E-mail:one.xxx.1922*gmail.com
     (*を@に変えて御送付ください。)
・郵便:〒113-0022 東京都文京区千駄木五丁目38番16-101
    一般社団法人 ONE X

◇実施期間
採択決定日から令和3年2月28日(日)

申請をお考えの方は、上記URLのお問合せ先又は当課まで御連絡ください。
皆様の御参加をお待ちしております。

<問い合わせ先>
 茨城県産業戦略部技術振興局
 科学技術振興課 特区・宇宙プロジェクト推進室
 担当者:神永 葵
 〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
   TEL 029-301-2515 FAX 029-301-2498
   E-mail ao.kaminaga*pref.ibaraki.lg.jp
       (*を@に変えて御送付ください。)
 

福岡

福岡県宇宙ビジネス研究会について

福岡県では、本格的な宇宙利用時代の到来に向け、県内企業の宇宙ビジネスへの参入と、本県発の宇宙ビジネス関連製品・サービスの創出のため、令和2年度から産学官による研究会を発足しました。会員向けのイベント・公募情報など、随時ご案内いたしますので、下記より登録をお願いいたします。

https://www.robot-system.jp/space/
 

過去のS-NET事業